2014年1月13日月曜日

Giulia came back !




本日Giuliaが帰って来ました^^

それでは、今回のBefore Afterを以下に!
(ちょこっと編集しました。そもそもの順番がわかるように^^;)










その1)フロントメンバー

今回の修理のきっかけがここ。腐って穴が開いていたため、スタビライザー落下の危険があるということで入院修理依頼。











その2)ミッションオイル漏れ修理&オーバーホール

昨年、「きれいなぐらいです!」との診断結果を元主治医から頂戴していたミッションは、ブーツの切れ目からのオイル漏れでご覧の有様。
ここもオーバーホールを依頼。















その3)足回りリフレッシュ!

「オリジナルがいいですね♪」との診断で、一度も手が入ったことがないと見られた足回り関係。
バンプストップラバーの片側脱落や、T型ブラケットのブッシュ欠損など。「ガタピシ」ひどいクルマをリフレッシュさせるべくここも修理を依頼。





   





その4)フロントマスク修正板金追加

するとどうでしょう?
フロントメンバーの交換作業中に、フロント事故痕があり、フロントマスクが歪んだ状態で鈑金されているとの事。
修正修理を追加で依頼。
この事故痕、フロント足回りにも影響を及ぼしていて、足回りの修正にまで及びました。
















その5)燃料タンク周り

某日、リフトアップして足回り修理作業中のジュリアを見学させていただいていたときに友人Y﨑氏が発見!
タンク脱落の危険性あり、との判断から板金修理へ。
すると、燃料タンクが2000スパイダー用だったことが判明。
無理して載せているため、水抜き用のブーツが一部切り取られ、機能しておらず。
これがために、水がタンク内へ浸入→タンク腐る、といった顛末だったのでは?と推察・・・










その6)ステアリングギアボックス!

今回様子見で行こうと決めていて、当初のメニューには入ってませんでしたが、入庫直前くらいに自宅近所で「バキゴキ!」なる異音が発生していた為、
チェックお願いしました。
そもそもオイルではなくグリスが充填されていたギアボックス。
予想通り、割れていたのでオーバーホールを依頼・・・







というわけで、当初はフロントメンバーの交換で始まったこの作業、終わってみればかなりの修理。
その代わり、走りはもの凄く良くなりました(請求書は見たくありませんがww)。

一方、足回りをリフレッシュしたお陰で、デフのベアリングにガタが生じていることが判明。。。

ジュリア道は奥が深い・・・

2 件のコメント:

  1. いつもブログ見ています。実は一度だけお会いしてます。今回の修理、人ごとに感じられず息をのみながら拝見していました。とりあえず完治した事、本当におめでとうございます。私もジュリアを所有してます。乗れば乗るほど楽しく、可愛く思える車なので私もみならって深い道に迷いこもうと思います。お互いに頑張りましょう!

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!こんな駄ブログ、いつもご覧くださっていたとは恐縮です^^;
    ジュリアを所有されているとの事、想い焦がれてご購入に至ったものと推察いたします。
    今回は一瞬「手放すべきか?」と迷ったのですが、過去のブログを読み返し、「そうそう、ビビビ!と運命感じたんだよなぁ」と思いとどまりここまでやっちゃいました(笑)
    もう後戻りできないですね。良かったのか悪かったのかww
    どこかのイベントでお会いしましたでしょうか?
    もしくはマスタードイエローの段付お乗りだったりとか?^^
    是非、またお会いしましょう!

    返信削除

気に入っていただけましたらご面倒でもワンクリックいただけますと幸いですm(._.)m

よろしければこちらもクリック!

人気ブログランキングへ