2012年8月27日月曜日

社会保険労務士試験受験



まだまだ夏空広がる日曜日、パシフィコ横浜で社会保険労務士試験を受験しました。
結果は惨敗。
合格率一桁%台のこの難関試験に対し、圧倒的な準備不足(勉強不足)だったので受験前から分かりきっていた事ですが・・・

今年初挑戦でしたが、結果は戦う前から分かりつつも受けて良かったです。
まず、その試験の実施要領がもの凄く厳格・厳粛に行われます。
なじみが無い方にご説明しますと、社労士試験は大きく2つのパートで構成されてます。
5問の例文から正誤を1つ(中には組み合わせも)選択する、「択一式」と呼ばれる問題と、選択肢の中から、文中の空欄を埋めて行く「選択式」に別れてます。
前者は午前中に行い、後者は午後に行われます。

社労士の出題範囲は、
1)労働基準法および労働安全衛生法
2)労働者災害補償保健法
3)徴収法
4)雇用保険法
5)労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識
6)健康保険法
7)厚生年金保健法
8)国民年金法

以上の範囲から、択一式は10問ずつ計70問。
選択式は、5問づつ計40問出題されます。

試験のスケジュールは以下の通り。

8:40 集合〜試験説明
9:10 択一式開始(3時間30分)
10:00 退出可能
12:30 退出不可
12:40 試験終了

13:40 集合〜試験説明
14:10 選択式試験開始(1時間20分)
14:50 退出可能
15:20 退出不可
15:30 試験終了

試験説明時間ですが、この間に以下の事が行われます。
・筆記具、受験票以外をカバンにしまい、床に置くよう指示(筆箱も×)
・携帯電話を専用の封筒に入れ、床に置くよう指示
※万が一携帯が鳴った場合、失格となる旨説明
・アラーム機能のついた時計使用の禁止
※事前に受験票にも記載あります
・受験者の顔写真確認
これらのことが、粛々と時間内に執り行われ、試験開始となります。
このことを体験しただけでも非常に有益でした。
模擬試験の空気とはやはり全然違いますね。

神奈川県の会場となったパシフィコ横浜は、この日大恐竜展が開催されていたホールAを除き、全ての展示ホールを使用してました。
私の試験会場はホールDでしたが、会場内の座席数は1,600席。
おそらく、この日の受験者は5,000人は居たかと思います。
受験者の属性は、ぱっと見年配の方や女性が目立ちます。若い方もちらほら。
合格者は700~800人くらいになると思われますが、運命の合格発表は11月9日。
僕は今日から365日後に向けて仕切り直します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

気に入っていただけましたらご面倒でもワンクリックいただけますと幸いですm(._.)m

よろしければこちらもクリック!

人気ブログランキングへ