2011年10月8日土曜日

B+COM SB213.EVO修理


先日購入したバイク用インカムのB+COMですが、マイクアームポロリについてメーカーに問い合わせていたところご回答いただきました。

・マイクを動かす際には根元を持って動かす方が良い
・マイクの先を持って動かすと、てこの原理で構造上はずれる可能性がある
・ただし、本体がプラスティック、マイクの接続部がゴムであるため成形不良の場合もある
ということで、「一度チェックさせてほしい」というないようでした。

確かに付属の注意書きにもかいてありました。


写真では分かりにくいかも知れませんが、確かに接合部の突起が心もとない構造ではあります。
着払いで送ってほしいとのことでしたので先週送付して見てもらう事にしました。

で、一昨日ご回答を電話でいただいたのですが、今回は成形不良が認められたとのこと。
本体のカバーとマイクをアームごと交換。
他にもチェックしたら、マイクと本体を繋ぐUSBケーブルも接触不良を起こしていた、ということで交換。
とにかくメーカーであるサインハウスさんは一貫して低姿勢で平謝り。
製造業としては、品質管理は重要な問題なので当たり前と言えば当たり前ですが、それを差し引いてもこちらが恐縮してしまう対応っぷりでした。

みならわなきゃ、ですね。
CSの何たるか、勉強させていただきました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

気に入っていただけましたらご面倒でもワンクリックいただけますと幸いですm(._.)m

よろしければこちらもクリック!

人気ブログランキングへ